低温ドライヤーとは

低温ドライヤーに関する5つの疑問

【低温ドライヤー】低温ドライヤーに関する5つの疑問

 髪は女の命、といいますが、髪のパサツキやキシミなど、美髪を維持するのは大変ですよね。
 他にもこんな悩みもあるのではないでしょうか。

 

 

髪がぱさつくのってドライヤーが原因?髪が火傷しているみたい…


 

 

もっと短時間で髪の毛を乾かせればいいのに…


 

 

子供の髪を乾かすのにじっとしていてくれない…ドライヤーが熱いのは分かるけど…


 

 

ペット専用のドライヤーって低温だったの?今まで人間用のドライヤーを使っていた…


 

低温ドライヤーであれば問題解決!今までのドライヤーとの違いは?

 ここでおすすめなのが「低温ドライヤー」と呼ばれる60℃設定のドライヤーを使うことです。
 低温ドライヤーは以下のような特徴があります。

 

髪がぱさつくのはドライヤーの「温度」が原因!?何度でドライヤーをすればいいの?

【低温ドライヤー】髪がぱさつくのはドライヤーの「温度」が原因!?何度でドライヤーをすればいいの?

 髪のタンパク質が変性するのは、諸説ありますが80℃で変性するとも言われています。今までの一般的なドライヤーの温度は90〜120℃と言われていますから、髪の毛をきちんと乾かしているにも関わらずパサついたりきしむのはこの「温度」が原因なのです。
 パサツキを改善するには「低温ドライヤー」を使うのがベストです。低温ドライヤーは60℃という温度設定ですから、タンパク質の変性によるパサツキが減少されることはいうまでもありません

 

低温ドライヤーがいいなら扇風機やサーキュレーターで乾かしてもいいってこと?

 低温ドライヤーがタンパク質を変性させないのであれば、扇風機やサーキュレーターの風で乾かしてもいいと考えがちですが、これはNGです。
 扇風機やサーキュレーターの風では髪の内側まで乾かすことができず、「生乾き」の状態になります。洗濯物もそうですが、生乾きの状態では「雑菌」が繁殖してしまい、臭いの原因になるとされます。
 また、扇風機やサーキュレーターは髪が巻き込まれて思わぬ事故になることもあります。
 きちんと乾かすのであればドライヤーを使うべきなのです。

 

低温ドライヤーって名前からして乾くのが遅そう…

【低温ドライヤー】低温ドライヤーって名前からして乾くのが遅そう…

 実は低温ドライヤーを使った方が髪の毛が乾く時間が早いと言われています。それには2つの理由があると考えられます。
 1つは温度です。今までのドライヤーでは熱すぎて、無意識に髪から離して使ってしまうことがほとんどでした。これだと髪に十分な風が当たらず、結果として乾くまでに時間がかかってしまいました。
 低温ドライヤーであれば60℃ですから、髪や頭皮、顔に当たるときの温度は40〜50℃です。人肌よりやや温かい温度ですから、熱すぎず、より髪の近くで使うことができるというメリットがあります。
 もう1つは風量です。最新機種であれば温度と風量が別々に調節できるものもありますが、一般的なドライヤーであれば、「弱」にすると風量が抑えられてしまっていました(かつ、温度はそのまま)。つまり、「最大風量、かつ、低温で風を当てる」ということはできなかったのです。
 しかし、低温ドライヤーであれば「風量を強くしたまま低温で風を当てることができる」のです。風量が強ければ早く乾きます。これは洗濯物と同じ原理で、風の強い日ほど洗濯物が良く乾くのと同じです。
 時短にも繋るので、髪の毛が乾くのが遅いと気になる方には特に低温ドライヤーがおすすめです。

 

低温ドライヤーって子供にも使えるの?

 低温ドライヤーは子供にも使えますし、むしろお子さんにこそ使ってもらいたいドライヤーです。
 お子さんはドライヤーを嫌がることも多いと思います。それは「熱い」し「」だからです。
 低温ドライヤーはこの「熱さ」の問題は60℃という設定温度でクリアできますし、風量も強いので時短にもつながりますお子さんにも嬉しいですし、乾かす側である「ママ」にも嬉しいですね。

 

低温ドライヤーはペットにも使えるの?

【低温ドライヤー】低温ドライヤーはペットにも使えるの?

 犬や猫などのペットをご自宅でお風呂やシャワーをすることもあると思います。ドライヤーを嫌がる子も多く、生乾きの状態にしていたり、人間用のドライヤーを使われることもあると思いますがおすすめできません。
 まず、生乾きの状態では臭いもしますし、ペットが風邪を引いてしまう可能性もあります。
 だからといって人間用の一般的なドライヤーは90〜120℃設定です。トリマーさんが使うようなペット専用のドライヤーは70〜75℃設定ですから、ペットにとっては熱すぎるのです。
 これらを解決できるのが「低温ドライヤー」です。低温ドライヤーは60℃設定ですから、ペットに使っても安心です。乾くのも早いので、ペットだけでなく、飼い主にも嬉しいですね。



ホーム RSS購読 サイトマップ